ブログ

転倒予防のための環境整備

リハビリデイサービス アブレイズ富士事業所スタッフブログです。

こんにちは!
さて、今年もあと二カ月を切りました。新年を前に、転んで怪我をしてしまったなんていう悲しいことはしたくないですよね。
しかし、転倒予防の運動をしても、なかなかすぐには効果が出にくいと思います。
そこで、今から簡単にできる、自宅内の環境整備についてお話していきたいと思います。

①廊下は障害物となる荷物がないことが基本となります。また、照明が暗い場合には明るい照明への変更、スリッパを使用される方は、なるべく簡単に脱げない履物に変更した方がよいです。
②玄関では、玄関マットが床面と固定されていないと、マットが滑って転倒の危険性があります。
③トイレにおいては、夜間の使用することも考え、トイレまでの移動経路の確保が大事な要素です。
④階段を使用されえる方では、段差上に荷物を置かず、スペースを十分に確保しましょう。
⑤リビングでは、こたつなどのコードの配線は、長くなっているものは短くまとめて縛ったり、新聞紙やチラシなどは床の上に置いておくと、その上を歩くことで滑って転倒することがあります。

転倒を未然に防ぐためにも、自宅内での環境整備は大切なことの一つです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

職員ブログ

アーカイブ

メニュー

ページ上部へ戻る