ブログ

膝の痛みの治療

リハビリデイサービス アブレイズ富士事業所スタッフブログです。

こんにちは。望月です。
さて、今日は昨日のテレビでも紹介された膝の痛みについてお話していきましょう。

軟骨というのは、例えて言うなら水を吸ったスポンジをイメージします。
この水を含んだスポンジが、歩行時の立脚期に膝関節に荷重を加えることによって、軟骨(スポンジ)から水分が出て、逆に遊脚期などの非荷重時などには水分がスポンジに吸収をされるなど、この繰り返しが膝関節のなかで起きています。
しかし、変形性膝関節症などにより、膝の「軸」がずれてしまうと、この分泌と吸収がうまくいかないことがあります。
これが、継続してしまうことで、膝に水が溜まるなどの影響が起きたりします。

ではどうしたらよいのでしょうか?
自分はこのような場合「軸」の修正を行います。
軸というと難しいかもしれませんが、アライメントの修正です。
アライメントが修正できたら、正しい軸での運動療法を行い、感覚器に刺激を加えていきます。

しかし、これが一番良いという治療法ではないですし、まだまだ他にも治療法があると思うので、自分の引き出しを増やすためにも、日々勉強をしていかなければいけませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

職員ブログ

アーカイブ

メニュー

ページ上部へ戻る