ブログ

筋力強化運動

リハビリデイサービス アブレイズ富士事業所スタッフブログです。

おはようございます!
最近では、ジムや病院のリハビリ室、リハビリに特化したデイサービスに筋力強化トレーニングマシンは必ずともいえるほど設置されていますよね。
しかし、このようなマシンを使用しないと、筋力強化はできないの?という質問が生まれてくると思います。
答えを先に述べると「ノー‼」です。
テレビで、スポーツ選手などがマシンを使って、トレーニングをする姿を見ることが多いため、このような先入観を抱いてしまうかもしれませんが、マシンを使用しなくても筋力強化運動は行うことができるんです。
筋力強化運動を目的にした運動方法にはそれぞれメリット、デメリットがあります。
マシン運動のメリットは、負荷量をより大きくできたり、運動方向やスピードの調整など、人間の手には行いにくいことができる点です。
では、デメリットはなんでしょうか?
マシン運動では、単一方向への運動が多くなるため、日常生活動作で使われる動作に反映されにくいという点があります。
例えば、歩行動作について考えてみましょう。
歩行動作では、上肢・体幹・下肢の筋肉の連動した運動が必要とされます。
そこで、足が弱いから、下肢運動マシンを使用して筋力強化運動を行っても、基礎筋力は向上するかもしれませんが、動作に結び付けることは難しいです。
その為、私たち「人の手」による誘導や徒手抵抗を行う必要があるのです。
最終目標が「筋力強化」なのか、「安定した歩行動作」なのか・・とても重要なことですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

職員ブログ

アーカイブ

メニュー

ページ上部へ戻る