ブログ

片麻痺に対する歩行訓練

リハビリデイサービス アブレイズ富士事業所スタッフブログです。

当施設には、脳卒中などが原因で片麻痺となられた利用者様が多くおられます。
その中でも、<歩行>に対する意欲は高く、「もっと歩けるようになりたい」という目標を持たれて、機能訓練(リハビリ)を頑張って行っている姿をよくみかけます。
私たちが行う機能訓練(リハビリ)では、片麻痺の程度にもよりますが、単に歩行訓練を反復行うだけではありません。
しっかり麻痺側下肢に体重がかけれるか、蹴りだしができるか、健側下肢の安定性はどうなのか、ということを評価しながら訓練を行っていきます。
また、実践的な歩行訓練だけでなく、寝返り動作を利用し、歩行動作につなげるようなことも行います。
「歩けない」=「歩行訓練」という単純的な考えではなく、利用者様個々の評価をして、できないことへのアプローチこそが、動作を獲得するためには重要になってくるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

職員ブログ

アーカイブ

メニュー

ページ上部へ戻る