ブログ

手指の痺れに対する徒手療法

リハビリデイサービス アブレイズ富士事業所スタッフブログです。

こんばんは‼
最近、家の掃除を行ったときに本棚の奥にあった医学書を発見しました。これは社会人一年目に購入した本なので、ほとんど見ることも少なく、、ほこりをかぶって放置されていました。
本を手にしてパラパラと目を通していくと、最近悩んでいた「手の痺れの改善」のヒントになりそうなことが記載されていました。
そこで、手指の痺れがある利用者様に、徒手療法を行う前に握力検査を行い、行う前と行った後の数値を比較したところ、徒手療法後は痺れは完全には取れなかったものの、握力の数値に向上がみられました。
これは痺れが緩和された為、神経筋に対し促通が行われ、筋出力が向上した結果だと思いますが、もう少し症例を重ねていかなければ、答えは出にくいと思います。
臨床では、結果が出にくく悩んだりすることも多いですが、こうやって何かしらの結果がでるととても楽しいですよね。
これからも日々精進していきたいと思います‼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

職員ブログ

アーカイブ

メニュー

ページ上部へ戻る