ブログ

安全運転管理者講習

リハビリデイサービス アブレイズ富士事業所スタッフブログです。

本日は、ふじさんめっせにて安全運転管理者講習を受講してきました。
その中で、私たち富士事業所の近くでの自動車同士の横転事故の事例紹介がありました。
そこは私もよく通る交差点なので気をつけて走行しようと再確認できました。
img_20161115_105200

また、安全運転管理者は、職員の安全運転に対する注意喚起を指導することが仕事です。
例えば、もしあなたが運転する車と、小さい子供が接触事故を起こした時、あなたならどのように対応しますか?
「大丈夫?」と、子供に対し大多数の方は質問するはずです。
そう聞かれると、「大丈夫だよ」と、答えるのが子供です。
そのまま、その場を後にして、運転を再開してしまうと、後に「当て逃げ」に相当するとのこと(^_^;)
事故をしたときには、必ず警察への報告を忘れてはいけません。
ちょっとした甘い判断が、後に大きくなって返ってくるのが、車の運転です。
img_20161115_160042

余談ですが、本日の講師の方に、NEXCOの方がいらっしゃり、その方が教えてくれたことがあるのですが、もし東名高速を走っていて、逆走する車が来た場合は、なるべく「走行車線」にいた方がよいとのこと。
逆走車の97%は、追い越し車線を走行するようです。
年末、東名高速を使用され、電光掲示板などに「逆走車注意」などの注意喚起がありましたら、注意しながら運転してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

職員ブログ

アーカイブ

メニュー

ページ上部へ戻る